所蔵品京劇>衣服

団龍白蟒(トゥェンロンバイマン)
 現代
 縦 153cm / 横 230cm
 神怡舘所蔵品
 展示中
 帝王宰相など貴族階級の衣装。団龍(丸い龍の図案)は、老生(ラオション:落ち着いた中年男性役)・小生(シァオション:美男子役)・武生(ウーション:武芸が得意な男性役)の衣装に使います。団龍白蟒は老臣(『挑滑車』岳飛・『空城計』司馬懿)や、色気のある若い武将(『群英会』周瑜)が着用します。

紫硬靠(ヅーインカオ)
 現代
 縦 174cm / 横 160cm
 神怡舘所蔵品
 収納庫保管
 靠は武将の衣装で、鎧を形式化したもの。腹の前には靠肚(カオドゥー)という腹部を守るように布地の厚くなった部分があり、旗を付けたものを硬靠(インカオ)、旗を付けないものを軟靠(ルアンカオ)と呼びます。紫は血の気の多いことを暗示しており、紫靠は血気にはやった副将・敵将(『長坂坡』夏侯惇)などが身につけます。

紫改良靠(ヅーガイリァンカオ)
 現代
 縦 84cm / 横 168cm
 神怡舘所蔵品
 収納庫保管
 改良靠は上下に分けることの出来る靠で、武将の鎧を形式化したもの。両肩には虎の頭の図案が付いています。